2019年4月7日 毎日新聞 千葉版に掲載されました!

 

立体感ミリ単位で陰影

複雑に重なり合った8本の足に、レースのような模様がついた頭、静かに閉じられた目。一瞬、絵に見えるが、タコの切り絵だ。最も細い線は、幅0.2ミリ。『海蛸子』と名付けた会心の作品だ。昨年末に自信のツイートに投稿すると、約11万件の「いいね」がついた。海外メディアにも紹介され、「反響の大きさに自分が追いついていないほど」と話す。初めて切り絵を制作したのは高校生で友人の誕生日祝いのカードにハートを切った。その後も友人の誕生日のたびにカードを作り、花束や女の子の顔など複雑なものにも取り組むようになった。美術系短大を卒業し、現在も勤務する東京都内の時計修理会社に就職した。趣味で続けてきた切り絵だがインターネットなどで他の人の作品を見ると「私ももっと細い作品を」と発奮した。「神秘的で少し不気味なものが好き』といい、クラゲや魚、クジラなどの絵を切ってきた。2年ほど前から自分の持ち味としてこだわり始めたのが「立体感」だ。奥行きを意識し、細かい模様の強弱で陰影を表現する。その現在の到達点が「海蛸子」だ。下描きと切る作業にそれぞれ一ヶ月、計二ヶ月をかけた。仕事と両立しながらの創作活動だが、午前2時過ぎくらいまで作業することも。夫の一さん(48)が料理や掃除などの家事引き受け、サポートしている。「ザクザクと切る感触が楽しい」。集中すると口を動かす癖があり、笑いながら切って見えるという。SNSで積極的に発言し、今年2月にはホームページも開設した。「海外で個展を開きたい」。ミリ単位の線から大きな夢が広がり始めた。 小林 多美子 記者/A race-like head with eight legs overlapping intricately, eyes closed quietly. It looks like a picture for a moment, but it is a octopus cutting paper . The thinnest line is 0.2 mm wide. It is a work of association called “kaityoushi”. When I posted it on my confident tweet at the end of last year, there were about 110,000 “Like”. It is introduced to foreign media and says, “I can not keep up with the size of the echo.” The first time I made a clip art was a high school student who cut a heart on a friend’s birthday card. After that, I made cards on my friend’s birthday and started to work on complex things such as bouquets and girls’ faces. After graduating from an art college, I got a job at a watch repair company in Tokyo, where I still work. Although I have continued my hobbies, I have seen that when I see other people’s works on the Internet etc. “Mysterious, I like something a bit spooky,” and I cut pictures of jellyfish, fish, and whales etc. It was “three-dimensional” that began to stick to my own character two years ago. Conscious of the depth, express the shadow with the strength of the fine pattern. The current end point is “sea dumplings”. A total of two months were spent on drafting and cutting for one month each. It is a creative activity that is compatible with work, but it is also possible to work until around 2 am. Her husband, Mr. Ichi-san (48), takes care of the housework such as cooking and cleaning. “It’s fun to feel like it’s crazy.” There is a habit of moving your mouth when you concentrate, and you can see it while laughing. Actively speaking on SNS, also launched a website in February this year. “I would like to hold a solo exhibition abroad”. A big dream began to spread from the millimeter-unit line. Kobayashi Tamiko reporter.

 

 

 

犬の切り絵

楽しいい取材だったです。毎日新聞の担当記者さんは、息子(当時13歳)が世界けん玉道選手権大会2018で優勝して取材して下さった方です。息子にも私にも嬉しくなるような記事の書き方で嬉しく思っています。小林記者さんありがとう!!またお会いしたいな。 

小さな頃から絵を描いたり、手先を使って何かを表現することが好きでした。約30年前に切り絵に出会い、それ以来、独学で作品作りを続けてきました。 1枚の紙という制限の中で、どこまで作品に命を込められるのか。生涯をかけて探求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top