手載せシリーズ3 レースのような切り絵

前回に続きシリーズ3回目です。額装した切り絵作品とはひと味違った魅力を伝えられるのが手に載せた切り絵です。その透けた感じがまるでレースのようで切り絵の繊細さが伝わると思います   f:id:kiriesousakukamasayo:20180921151247p:plain

クリスマスイメージ

f:id:kiriesousakukamasayo:20181013103203j:plain

wreath

f:id:kiriesousakukamasayo:20181013103135j:plain

タイリンキンシバイ

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161043j:plain

leaf

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161126j:plain

Noutilus (試作品)

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161230j:plain

Wreathed Hornbill(試作品)

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161256j:plain

Noutilus

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161312j:plain

Wreathed Hornbill

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161329j:plain

 鳥の女王

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161418j:plain

ガラスの羽(裏側)

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161447j:plain

ガラスの花

f:id:kiriesousakukamasayo:20181012161526j:plain

f:id:kiriesousakukamasayo:20181003150933j:plain夫のじっぴーです。このブログの裏方として一緒に作っていますm(_ _)m 切り屑の掃除担当でもあります。f:id:kiriesousakukamasayo:20181003002637j:plain

『手載せシリーズ1、2』の方も見てください。お願いいたします   f:id:kiriesousakukamasayo:20181013113040p:plain

小さな頃から絵を描いたり、手先を使って何かを表現することが好きでした。約30年前に切り絵に出会い、それ以来、独学で作品作りを続けてきました。 1枚の紙という制限の中で、どこまで作品に命を込められるのか。生涯をかけて探求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top