日テレNEWS24『the SOCIAL』に取り上げていただきました。/Featured in NTV NEWS24 “the SOCIAL”.

SNS活力に」切り絵作家の超繊細な世界

5/15(水) 14:03配信

 

日テレNEWS24  

Nippon News Network(NNN)

去年11月に切り絵作家・福田理代さんが制作し、SNSに投稿した作品「海蛸子(かいしょうし)」。1枚の紙を切り抜き表現された細かな模様や立体感が注目を集め、10万以上の「いいね!」を集めました。

時計修理会社に勤める福田さんは、夫と中学生の息子の3人暮らし。仕事と家事の合間に制作を行います。作り方自体はとてもシンプル。紙の裏にシャープペンで下書きし、カッターで切り抜いていくだけ。作品が完成するまで、平均1~2か月かかる地道な制作です。

福田さんは切り絵制作を27年続けています。近年、スマホやSNSの普及により、創作活動に変化があったといいます。

福田さん「最近スマホの画像が良くなったので、隅々まで繊細なものが(SNSに)載せられるので、そのあたりを皆に見てもらって反応してもらえるのは、やっていく上で活力になると思っています」

切り絵の魅力を伝えやすくなり、Webでの作品販売や個展など活動の幅が広がっています。

「果てしない下書きを描いても、1日に1センチずつでもやれば、いつか終わるんですよ。あとは(紙が)つながった状態でどこまで表現できるのか、それがすごい達成感になると思います」

Google Translation

The work “Kaisho-shi/Octopus”, created by the cut-out artist Riyo Fukuda in November last year and submitted to SNS. The fine pattern and three-dimensionality that were cut out of a piece of paper attracted attention, and more than 100,000 “likes” were collected.

Fukuda, who works for a watch repair company, lives with her husband and son of a junior high school student. Produced between work and housework. The method itself is very simple. Draft the back of the paper with a mechanical pencil and cut it out with a cutter. It is a steady production that takes an average of 1-2 months to complete the work.

Mr. Fukuda has been creating papercuts for 27 years. In recent years, it has been said that creative activities have changed due to the spread of smartphones and SNS.

Mr. Fukuda “Since the image of the smartphone has improved recently, delicate things are put on every corner (on the SNS), so everyone can see and react to it. I think. ”

This makes it easier to convey the charm of cutouts, and the range of activities such as selling works on the Web and solo exhibitions is expanding.

“Even if you draw an endless draft, it will end someday if you do it a centimeter a day. I think that it will be a great sense of accomplishment to the extent that it can be expressed with (paper) connected.”

【the SOCIAL viewより】

小さな頃から絵を描いたり、手先を使って何かを表現することが好きでした。約30年前に切り絵に出会い、それ以来、独学で作品作りを続けてきました。 1枚の紙という制限の中で、どこまで作品に命を込められるのか。生涯をかけて探求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top