WHAT WOMEN CREATEさんの雑誌に載りました。/Published in a magazine.

WHAT WOMEN CREATE

 

 

犬の切り絵

WHAT WOMEN CREATEは、アメリカの雑誌で世界の女性クリエーターを紹介したものです。16ページに渡っての特集になりました!カッコ良く編集されていて本当に嬉しいです!/WHAT WOMEN CREATE is an introduction to female creators of the world in American magazines. 16 pages were published! I’m really happy to be cool edited!  

WHAT WOMEN CREATEさんののSNSです↓

www.facebook.com/whatwomencreate

www.instagram.com/what_women_create/

www.pinterest.com/whatwomencreate/

 

犬の切り絵

蛸作品のおかげですね!!この流れに乗れるように新作制作も頑張ります!!/Thanks to the octopus! ! I will do my best to make new works so that I can get on this flow! !  

雑誌内容/Contents

1,2 page

1

3,4 page

 

Masayo Fukuda lives and works in Kamagaya City,

Japan, which is about 40 kilometres southeast of the center of Tokyo on Tokyo Bay. She is an Extreme Kirie (meaning the art of paper cutting in Japanese) maker with a delicate sensibility and a feather-light touch. She creates creatures large and small using only one single piece of paper. Though the traditional way of paper cutting produces a two- dimensional e ect, Masayo has developed and achieved unequalled depth with a lifelike three-dimensional quality. She carefully focuses on the contrast between the thickness and thinness of any given line. Viewing her work for the rst time is beautifully unnerving.

グーグル翻訳:福田理代は鎌ケ谷市在住

東京湾の東京の中心から南東に約40キロメートルの日本。 彼女は繊細な感性と羽毛のような軽いタッチを備えたExtreme Kirie(和紙の切り絵)です。 彼女はたった1枚の紙を使って大小の生き物を作成します。 伝統的な紙の切断方法では2次元の効果が得られますが、マサヨは本物そっくりの3次元品質で比類のない深さを開発し、達成しました。 彼女は慎重に任意の与えられた線の太さと細さの間のコントラストに焦点を当てています。 彼女の作品を初めて見るのは美しく不安です。

My name is Masayo Fukuda but I go by KIRIKEN Masayo. I was born in the 70s, and after graduating from art college in Japan I

went to work for a specialized watch repair company. Working as a watch repair craftsman, I became proficient working with the tiniest of tools, screwdrivers and tweezers, and I’m fortunate to have extremely good hand dexterity. From a very young age I have always loved to busy myself with art, drawing, and paper. I’ve been a full-scale cutaway artist for some 25 years now. When I was a high school student I had my rst encounter with cutaway art and just gradually become completely charmed and obsessed. My rst piece was a birthday message card for a friend; after that family members and friends all wanted a cutaway card of their own, and I was happy to create them!

I relish this kind of intricate work, the challenge then be- comes: how far can I take it? Can I bring a single piece of paper to life? To breathe in and out and look across a room? I get a huge sense of accomplishment when I feel I’ve done just that.

My process is very basic. I first draw the image onto a thin piece of paper, running the pencil on intuition, so to speak. Lighter colors of paper are preferred because black is impossible to see to cut. I usually draft on white paper, then I begin to e ciently cut away the undesired elements to create thin and delicate expressions. Other cutaway artists seem to go about cutting by xing the cutter tool and turning the paper. I do the opposite; I x the paper and move the cutter around in a smooth, controlled slicing motion. This allows much more freedom. I use a small ashlight, as it really helps to get into some ne detail. The only important decision becomes where to leave a line and when to pick it up again with the cutter; only instinct and experience can make this happen and create a nice overall composition.

グーグル翻訳:私の名前は福田理代ですが、私はKIRIKEN Masayoで行きます。私は70年代に生まれ、日本の美術大学を卒業した後、

専門の時計修理会社に出向いた。時計修理の職人として働いていたとき、私はほんのわずかの道具、ドライバー、そしてピンセットで上手に仕事をするようになりました、そして私は非常に良い手先の器用さを持っていて幸運です。非常に若い頃から、アート、ドローイング、そして紙で忙しい日々を送っていました。私は約25年間、本格的なカッタウェイアーティストになりました。私が高校生だった頃、私は最初にカッタウェイアートに出会い、徐々に完全に魅了されて夢中になりました。私の最初の作品は友人への誕生日メッセージカードでした。その後、家族や友人全員が自分たちの切り取りカードを欲しがっていました。

私はこのような複雑な仕事を楽しんでいます。それから挑戦が起こります。一枚の紙を生き返らせることはできますか?息を吸い込んで部屋を見渡すには?それが終わったと感じると、大きな達成感が得られます。

私のプロセスはとても基本的なものです。私はまず、鉛筆を直感的に動かしながら、薄い紙にイメージを描きます。黒はカットするのが見えないので、薄い色の紙が好ましいです。私はたいていホワイトペーパーの下書きをして、それから望ましくない要素を効果的に切り取って細くて繊細な表現を作り出します。他のカッタウェイアーティストは、カッターツールを固定して紙を回転させることでカットを進めているようです。私は反対をします。紙を固定して、滑らかで制御されたスライス動作でカッターを動かします。これにより、はるかに自由度が増します。それは本当にいくつかのne詳細に入るのを助けるので、私は小さな灰皿を使います。唯一の重要な決定は、どこに線を残すか、そしていつそれをカッターで拾うかということです。本能と経験だけがこれを実現し、素晴らしい全体的な構成を作成することができます。

5,6 page

 

 

7,8 page

9,10 page

11,12 page

I love collecting mineral specimens, and my work- shop has a variety of minerals; according to my mood at any given moment, any one may be my favorite. The sheer splendor of all forms of nature keeps my mind ever chang- ing. I am inspired by nature’s beauty and particularly by the sharp eyes of animals. I usually prefer to create cut- aways of animal motifs and the internet is such a great resource. I can really study all the wonderful anatomy

of a creature: the eyes, the face, its fuselage, etc. Instead of creating an animal from one single image or photograph I “merge” many of the best images together to create maybe a less faithful reproduction, but a piece that more that is more wholly comprehensive.

グーグル翻訳:私は鉱物標本を集めるのが好きです、そして私のワークショップはいろいろな鉱物を持っています。 私の気分によると、どの瞬間も私のお気に入りかもしれません。 あらゆる形態の自然の壮大さは私の心を常に変え続けています。 私は自然の美しさ、特に動物の鋭い目に触発されています。 私はたいてい動物のモチーフを切り取ることを好む、そしてインターネットはそのような素晴らしい資源である。 私は本当にすべての素晴らしい解剖学を研究することができます

1つの単一の画像や写真から動物を作る代わりに、私は多くの最高の画像を一緒にして「忠実ではない複製」を作成しますが、 より包括的です。

13,14 page

15,16 page

 

 

Works under construction right now are many owers, butter ies and marine organisms that have a bit of an eerie charm to them. Up until now I have mostly done works with a stereo- scopic effect; I plan on creating new works that consider the entire space or environment, a whole scene with a background. This is my new quest. I will be participating in an exhibition here in Japan and in France at the Sa- lon Art Shopping Carrousel du Louvre in Paris. I’d love to have others see my work and become interested in the tra- dition of Japanese cutaway art.

I am devoted to my art. I am always striving to further re ne my work. For me, creating art is my entertainment, my amusement—I enjoy it and it is a pleasure. I include time to make art and to see works of art, which is so very im- portant for a creative. My plans are just to continue creating and I really hope that someday people from all over the world will be able to see my works!

グーグル翻訳:現在建設中の作品は、彼らにとってちょっと不気味な魅力を持っている多くの所有者、バター、そして海洋生物です。 今まで私はほとんど立体視効果を使った作業をしてきました。 空間や環境全体、背景のあるシーン全体を考慮した新しい作品を作成する予定です。 これが私の新しい探求です。 私はここパリとパリで開催されるパリのカルーセル・デュ・ルーブル美術館で、日本とフランスで開催される展覧会に参加します。 私の作品を他の人に見てもらい、日本のカットアートの伝統に興味を持ってもらいたいです。

私は私の芸術に専念しています。 私は常に自分の仕事をさらに洗練するよう努めています。 私にとって、芸術を創造することは私の娯楽、私の娯楽です – 私はそれを楽しんでいます、そしてそれは楽しみです。 私は芸術を作り、芸術作品を見る時間を含みます。それはクリエイティブにとってとても重要です。 私の計画はこれからも創造し続けることです、そしていつの日か世界中の人々が私の作品を見ることができることを本当に願っています!

 

Facebook

 

小さな頃から絵を描いたり、手先を使って何かを表現することが好きでした。約30年前に切り絵に出会い、それ以来、独学で作品作りを続けてきました。 1枚の紙という制限の中で、どこまで作品に命を込められるのか。生涯をかけて探求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top